ビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社について

企業

日本は少子超高齢化によって人口が低下していくと言われています。そのため、労働力の不足を海外から頼らざるを得なくなり、文化が次第に変化していくと予想されているのです。そのため、新しい価値観を身に付ける必要があります。

企業情報について

競合他社との差別化戦略を徹底することにより高い評価を確立してきたビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社は世界屈指の工作機械メーカーです。1948年に創業し、2009年にはドイツで150年の歴史を持つギルデマイスター社と業務・資本提携を締結しています。そのため、切削型工作機械の世界シェアナンバーワンを誇るグルーバル企業へと成長したのです。日本とドイツの技術を融合した工作機械は新技術開発をリードする国や地域など様々な企業に愛されています。

2008年には森精機製作所との業務・資本締結をスタートさせています。創業から培ってきた制御や通信、画像処理といった幅広い領域の技術やノウハウを駆使して工作機械分野における画期的なシステム、ソフトウェアなどを次々と開発することによって世界の製造業にイノベーションを与える原動力となっているのです。そのため、日本だけでなく海外でも非常に注目されている企業です。

AIチップリムーバルについて

工作機械の加工中に煩わしい問題といえば切りくずです。この切りくずは作業中の邪魔になるだけでなく製品に異物が混入する原因にもなります。そのため、作業の合間に除去を行わなければいけませんが、その都度作業を止めなければいけなくなるため効率低下の原因となります。そのため、切りくずは現場の中でも非常に大きなストレスの原因になることもあったのです。

そんな問題を解決するのがビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社のAIチップリムーバルです。これは人工知能によって工作機械の加工中に発生する切りくずを自動除去します。加工室内の撮影を行うことによって切りくず堆積状況の確認し最適な洗浄方法を検出します。そのため、加工室の切りくずを効率的に除去することが出来るのです。2台の高性能カメラによって多様な機内環境を学習し、そこから切りくずの量と位置を判別します。クーラント洗浄が必要かどうかを判別し、吐出量に適切な状態に制御するのです。

新しい技術を生かす柔軟な体質

様々な企業と業務・資本締結を行なって誕生したのがビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社です。元々は1948年に創業し世界的に高い評価を得てきた企業ですが、2008年に森精機製作所と、2009年にはギルデマイスターと業務・資本締結を行なっています。これによって世界の製造業にイノベーションを与えるほど大きな企業へと成長することに成功しているのです。

そんなビー・ユー・ジーDMG森精機株式会社がリリースしているサービスがAIチップリムーバルです。これは人工知能によって切りくずを自動除去する機能です。これは自動化システムを利用するユーザーに対して加工中に発生する切りくずによる機械トラブルや加工トラブルを防ぎ、生産現場の少人数化や効率化をサポートするものになっています。