コラム

コラム

工場における予防保全について解説

予防保全は工場で故障を未然に防ぐための取り組みであり、生産性向上やコスト削減につながる。定期点検やメンテナンス計画、予知保全技術の導入が重要。メリットは故障率低下や生産性向上、デメリットはコストと時間。PDCAサイクルと5S活動が基本原則。具体的な取り組みとして定期点検やメンテナンス計画、予知保全技術の導入がある。予防保全の効果は故障率低下と生産性向上。成功事例も紹介されている。
コラム

会社で使用する事業用機器の選び方とは?

生産性を向上させ、ビジネスの成功に直結する重要な要素の一つとなる事業用機器の選び方について、あなたにお伝えしたいと思います。